(1)膵癌とは

 膵がんとは膵臓から発生した癌である。
 発生部位により、膵管癌(膵管上皮由来)、膵腺房細胞癌(膵房細胞由来)、膵島細胞癌(ランゲルハンス島由来)に区別される。

(2)膵癌の症状

 ①(初期症状として)胃やみぞおちなどの上腹部痛
 ②(初期症状として)食欲の減退
 ③急激な体重の減少
 ④腰背部痛
 ⑤糖尿病の急激な症状悪化
 ⑥黄疸
 など。

(3)膵癌の危険因子

 ①家族歴
 ②喫煙
 ③糖尿病
 ④慢性膵炎
 ⑤遺伝性膵炎
 ⑥肥満
 など。

(4)膵癌の診断方法

 ①血液検査
 ②腹部エコー検査
 ③腹部CT検査
 ④腫瘍マーカー(CA19-9、CEA、POA、DUPAN-2など)
 など。

(5)膵癌の治療方法

 ①(遠隔転移や切除不能な場合)ゲムシタビン塩酸塩を用いた化学療法が推奨されている。
 ②(切除が可能な場合)外科的切除。
 など。

(6)裁判例

 神戸地方裁判所昭和63年12月14日判決(判タ702号240頁など)

弁護士 藤田 大輔