有痛性外脛骨

 外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められる。多くは骨の出っ張りがみられるだけだが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨という。

診断

①視診・触診

 有痛性外脛骨は、足部内側に骨性隆起が認められ、同部に自発痛および圧痛を伴う。

②画像診断

 →単純レントゲン

治療

①保全治療

 局所の安静を行い、鎮痛剤、温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を期待する。症状が長引くケースや繰り返し疼痛が出現するようなケースではギプス固定を行ったり、足底版を装着させる方法が有効なこともある。殆どの場合これで症状は改善するが、極一部のケースで手術療法が必要となることがある。

②手術療法

 4か月以上適切な保存療法を行っても一向に症状の改善がない例や、何度も再発を繰り返し、日常生活やスポーツ活動に支障を来すような場合を手術適応となる。

手術内容:
 手術は、外脛骨部に皮切を加え、外脛骨を摘出すると同時に、舟状骨突出部も一部骨切りを行い、出っ張りそのものが術後の疼痛遺残の原因になってしまうことを予防する。最後に支持組織である後脛骨筋腱とspring ligamentの再縫着を行う。術後のレントゲン写真では足部内側の骨性隆起がすっきりと消失しているのが分かる。これにより、外脛骨自体の痛みと舟状骨の出っ張りによる痛みの両方が消失する。

③術後

 術後は約3週間ギプス固定を行い、4週から少しずつ荷重を開始し、6週で全荷重とし、8週(2か月)で運動ができるようになる。