卵巣細胞分裂盛ん→多種の腫瘍発生

組織成分により

ⅰ 表層上皮性・間質性
ⅱ 性索間質性
ⅲ 肺細胞
ⅳ その他

症状

無症状 多い
高度に腫大化→尖腹(腹水貯留で)、急性腹症(茎捻転で)、周辺臓器圧迫、腹部膨満感等

検査~治療

・経膣超音波検査
 腫瘍の有無、良性か悪性かの鑑別

・MRI、CT、腫瘍マーカー
 良性か悪性かの鑑別
 ↓良性
 卵巣腫瘍摘出術
 病側付属器摘出術

参考文献
医療情報科学研究所『病気がみえるVol.9婦人科・乳腺外科 第2版』メディックメディア、2009

弁護士 池田実佐子