(1)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)とは

 急性呼吸窮迫症候群とは、何らかの原因により急発する血管透過性亢進型の肺水腫である。

(2)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の症状

①呼吸困難
②過呼吸
③胸の痛み
④咳
⑤チアノーゼ
など。

(3)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の原因

①敗血症
②重症肺炎
③重症外傷
④誤嚥
など。

(4)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の診断方法

①急性発症であること
②胸部X線上の両側びまん性浸潤陰影
③低酸素血症
④左心不全がみられないこと

(5)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)治療方法

根本的な薬物療法は確立されていない。
機械的人工換気により酸素の投与を行うなどして、低酸素血症を改善する。
根本原因(敗血症や重症肺炎など)の治療を行う。

弁護士 藤田 大輔