1.意義

足の血管に動脈硬化がおこり、血管が細くなったり、詰まったりして、足に十分な血液が流れなくなることで発症する病気である。また、動脈硬化は全身的に進行するので、足の動脈硬化は心臓や脳の動脈硬化にもつながり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを合併することが多い。虚血が進行すると壊死に至る。

2.主な原因

喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症、ストレス、肥満等

3.症状

Ⅰ度:無症状、足のしびれ、足が冷たく感じる
Ⅱ度:間歇跛行(一定の距離を歩くと、足が痛くなり歩けなくなるが、しばらく休むとまた歩けるようになる症状)
Ⅲ度:安静時疼痛(じっとしていても足が痛む症状。)
Ⅳ度:潰瘍・壊疸(血液が届きにくくなった足先に、潰瘍ができる。さらに進行すると足先への血流が全く流れなくなって、足先が腐ることがあり、最悪の場合足を切断する必要がある場合もある。)

4.検査

問診、視診、触診(足の脈拍の左右差や足の皮膚温を調べる)、ABPI(Ankole Brachial Pressure Index:足の血圧等での血圧の差)の検査、血管造影、レーザードプラ、サーモグラフィ

5.治療

  1. 運動療法、生活改善(禁煙、バランスのとれた食事、ストレス解消)
  2. 薬物療法(抗血小板薬、血管拡張薬等)
  3. 血管内治療(バルーン法:狭くなった部分をバルーンで膨らませて拡げる、ステント法:バルーンで膨らませた部分に、金属製の網状の枠を入れる)
  4. 外科療法(バイパスを作る手術)

参考文献
「病気が見えるvol.2」等