アメリカの大手カフェ・チェーン、スターバックスのアイスコーヒーなどは氷が多過ぎるとして、シカゴ在住の女性が訴訟を起こしたことがニュースになっています。
 ニュースによると、スターバックスはアイスコーヒーなどの飲料についてカップの容量でサイズを表示しているが、実際の「飲み物」分の量は表示よりずっと少ない、これは客をあざむく行為であるとして、少なくとも500万ドル(約5億3000万円)の損害賠償を求めたとのことです。

 こういう裁判がアメリカでおこると、またおバカな裁判が始まった、と考える方が多いようですが、実はそうでもないのがアメリカという国の裁判の実情です。

 こういう裁判のニュースで思い出されるのが、「マクドナルド・コーヒー裁判事件」です。
 これは、アメリカのドライブスルーでコーヒーを買った客が自分の膝にコーヒーをこぼし、やけどを負ったとしてマクドナルドに対し損害賠償を求めたという裁判で、マクドナルドに対し、合計64万ドルの賠償金の支払が命じられたとされています。
 この裁判では、最終的に、やけどの治療費や介護費用や後遺症の慰謝料などとして16万ドル分、懲罰的賠償として48万ドルが認められたわけですが、この「懲罰的賠償」というのが、アメリカという国における裁判の”くせもの”です。

 この「懲罰的賠償」とは、裁判で交通事故などの不法行為を原因とする損害賠償の額を議論する際、加害者の行為が特に非難すべきであるという場合に、「実損」の賠償金以外にも、「制裁」の意味の賠償金を支払わせ、将来、同じような行為を起こさないようにすることを目的として支払いを命じるものです。
 「マクドナルド・コーヒー裁判事件」では、特に、マクドナルドにコーヒーが熱すぎるという苦情が数百件もあったのに、裁判ではこれを「年間の売上数かられば、この苦情はゼロに等しい」などとうそぶいたり、これを真摯に受け止めてコーヒーカップに「熱いです」などと注意書きもしなかったことなどを、「大企業のおごり」ととらえ、制裁を科したというのが真相のようです。

 こう考えると、今回のスターバックスの裁判で、「500万ドル」という金額が「懲罰的賠償」請求分も含んでいるかどうかはわかりませんが、同じような考えなのかもしれません。

 もっとも、こういった裁判の背景には、アメリカという国の裁判の実情というよりも、アメリカという国の食えない弁護士という実情の方が影響が大きいともいわれています。
 アメリカでは、”石を投げれば弁護士にあたる”といったジョークが通じるほど、(日本との比較においても)弁護士数が多いのですが、約130万人もいれば、当然、喰えない弁護士も多く存在します(なお、アメリカでは、弁護士が取り扱う業務がとても細分化されており、日本で言う「司法書士」的な業務を行う者も弁護士に含まれるので一概には言えません)。
 そのため、平地に乱を起こすように、弁護士が事件を焚き付ける、ということも往々にしてあるわけです。
 例えば、かつて、トヨタ社製プリウスに欠陥が発見された時、多くの弁護士が目の色を変えて「プリウスの所有者は、欠陥により財産権を侵害されたはずだ、それに精神的な脅威を受けたはずだから、トヨタに賠償請求をしよう!」といったプロパガンダを始めたことがあります。
 よく、アメリカは訴訟社会である、と言われますが、真相を追及すれば、数多い弁護士を喰わせるために事件が創られている、といった考え方もでてくるわけです。

 話しはスターバックスの裁判に戻りますが、もし、スターバックスがわざと氷の量を多くしているといったことがあるなら、「客は、コーヒーが24オンス入っていると思って金を払ったにもかかわらず14オンスしか入っていなかった。10オンス分の金までを払う気はなかった」といった場合、10オンス分の料金は、「錯誤」として返金しなければならなくなるかもしれません。
 同じように、「ビールの泡」の話があります。かつて、イギリスのパブが「ビールの泡の量が多すぎる、この分の金を返せ」といった裁判を起こされ敗訴したということがあり、信じられない話ですが、後日、ビールの泡の量に関する法律が制定されたようです。

 しかし、アイスコーヒーに氷が入っているのは当然であり、ある程度、想定される範囲ではないでしょうか。
 もし、日本で、「コーヒーが入っていない氷の分の差額を返せ」といった裁判が起こされても、「店としては、コーヒーと氷を一体の飲料として24オンスのサイズの飲料として販売しているのだし、客において、アイスコーヒーに一定程度の氷が入っていることは想定できるものであるから、何ら、不都合はない」といった判決になるのがオチです。
 マクドナルドの新商品のハンバーガーは、いつも、とても美味しそうな映像がCMで流れますが、実際に買ってみると、ぺしゃんとつぶれたいつものマクドナルドのハンバーガーが出てくるのと、あまり変わらない話です。